[{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"BR","default":"pt-br"},{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"JP","default":"ja-jp"},{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"CN","default":"zh-cn"},{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"US","default":"en-us"}]
true

太陽光発電

封止剤材料の選択肢

世界の太陽光発電(PV)市場は成長を続けています。そして市場は、より長い耐用年数とより高い信頼性を備えたモジュールを求めています。

PVモジュールメーカーが継続的に成功するためにはPV封止材材料の選択が重要な要素となります。ENGAGE™ PVポリオレフィンエラストマー(POE)は、抜群の長期的性能、信頼性およびトータルコストの削減を可能とするため、PV封止材フィルムの選択が容易となります。

ENGAGE™ PV POEは、多くの競合材料よりも優れた性能を提供します。

ENGAGE™ PV POEで作成した上下のPV封止フィルムは下記を著しく改善します:

  • 発電量、信頼性、寿命の向上
  • 太陽電池、特に高効率の両面太陽電池の電圧誘起出力低下(PID)耐性の向上
  • システムの総コストに加え、均等化発電原価(LCOE)の削減
電力保持向上
耐候性
UVによる封止フィルムの劣化

ENGAGE™ PV POEで作成したフィルムは、特に高効率の両面太陽電池において、より優れた「抗PID」性能を可能とします。

フラウンホーファー研究機構による第三者試験では、稼働期間中のEVA系フィルムの電力損失が35%であったのに対し、ENGAGE™ PVは、わずか0.3%であることが示され、実質的にPIDが無いレベルでした¹。

長時間にわたる高温高湿とQUVの交互暴露サイクル後、ENGAGE™ PVフィルムのモジュールは、エチレン酢酸ビニル(EVA)フィルム使用モジュールと比較し、より一貫性の高い電力を示しました。
10,000時間におよぶキセノンアーク耐候性試験後、EVAフィルム使用モジュールでは明確な黄変が認められたのに対し、ENGAGE™ PVで作られた封止材フィルムは黄色度指数の増加を示しませんでした²。

1フラウンホーファー研究機構シリコーン太陽光発電研究センターでの試験による。写真およびチャート:フラウンホーファー研究機構提供。詳細情報についてはご請求ください。

2ENGAGE™PV POEで作成したモジュールフィルムとEVA系フィルムで作成したモジュールを比較したダウの試験による。詳細情報についてはご請求ください。