[{"values":[{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"JP","default":"ja-jp"},{"values":[{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"CN","default":"zh-cn"},{"values":[{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"US","default":"en-us"}]
true

特殊ポリマー・コンパウンド

無限の汎用性

最も要求の厳しい用途に、幅広いソリューションを提供

ポリマーは、モノマーと呼ばれる比較的小さな分子が繰り返し連なってできる巨大な分子です。合成ポリマーは、一般に石油系の原料から作られます。ポリエチレン、合成ゴムおよびナイロンなどがその例です。2種以上の異なるモノマーから合成されるポリマーはコポリマーと呼ばれます。

ポリマーを合成する際、構成モノマーの選択や重合方法により直鎖構造、分岐構造、架橋構造、網目構造などさまざまな形態を得ることができます。熱可塑性ポリマーの多くは直鎖状および分岐状構造を持っており、加熱により溶融し、冷却により固化します。一方、熱硬化性ポリマーは加熱により付加逆的な網目構造や架橋構造を生じ、高温でも溶融しなくなります。ポリマーは、押出成型や射出成型をはじめとするさまざまな方法で加工可能です。また、他の材料や添加剤を加えてコンパウンド化することにより、目的の性能を得ることが可能です。

使用法と利点

特殊ポリマー製品群は、非常に要求特性の厳しい用途を含め、あらゆる分野で使用されています。ポリマー構造の制御により特殊な性能を発現させることが可能であり、下記のような用途に使用されています。

  • 包装 - 幅広い食品や飲料、化粧品、医療、医薬品の包装に、頑丈で軽量なバッグ、ブリスター、カップ、蓋、ポーチ、接着フィルム、その他の用途に使用可能な材料を提供します。
  • 電線・ケーブル用途―電力・電信ケーブル向けに、さまざまな技術を盛り込み、難燃性や特殊性能を持たせた被覆・絶縁用途コンパウンドを幅広く取り揃えています。
  • セラミック、照明、金属加工など、さまざまな用途にも使用されています。