[{"values":[{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"JP","default":"ja-jp"},{"values":[{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"CN","default":"zh-cn"},{"values":[{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"US","default":"en-us"}]
true

持続可能なパッケージング

循環させることで前に進むことができますか?

サステナビリティ、持続可能性という言葉は業界用語ではなくなりつつあり、昨今私たちが何かを見る際に使うレンズのような役目になっています。ダウが御社の包装材の製作にどのようにサポートできるかを考える際に「リサイクル可能なデザイン」を実現させることが持続可能性につながります。これは環境と結びつき、循環型経済を促進するために、パッケージの寿命のすべての面を考えることを意味します。ダウではまだ完全に達成できていませんが、日々進歩を続けて到達点に近づきつつあります。

より少ない材料で

地球環境に投じられるプラスチックを確実に減らす方法は、まずは使用量を減らすことです。より少ない材料で求める結果が得られる樹脂を選択することで、使用する材料を減らしてダウンゲージングすることに貢献できます。下記オプションをご覧ください。

  • INNATE™ 高精度ポリエチレン樹脂 – 1種類で多くの性質をもつ樹脂。独特な性質の組み合わせにより、添加剤やブレンドはおそらく不要です。このバランスの取れた性能で、ダウンゲージングも可能かもしれません。環境保護と収益性に貢献します。
  • AGILITY™パフォーマンスLDPE樹脂 – 1種類でも、ブレンドしても、この優れた樹脂はさまざまな使い方ができます。より少ない材料で同じ性質を得ることも可能。ラインスピードや加工処理効率が上がれば、消費エネルギーの削減にも貢献できるでしょう。
  • ELITE™エンハンスドポリエチレン樹脂– こちらも1種類ですべてをまかなうことができるオプションです。より多くの性質を組み合わせることで、材料の置き換え、材料の削減などが可能になります。剛性が強化されてバリア性が向上すれば、フィルムの厚みを薄くすることができます。
  • DOWLEX™ポリエチレン樹脂 – パッケージングのラインナップの主力であるこの樹脂は、単独でも機能しますが、ブレンドすればダウンゲージングも可能です。さまざまなアプリケーションで強靭性を発揮するため、製品の損傷も減らせます。

リサイクル可能なデザイン

リサイクルは循環型経済の大きなサイクルを完成させてくれます。ですが、フレキシブルなプラスチックパッケージのリサイクルは簡単ではなく、ダウは構造の簡素化、エコデザ

リサイクルレディテクノロジーは、ダウが開発したライセンス取得済のプロセスで、店舗の回収プログラムを通じてリサイクル可能な、マルチレイヤーのフレキシブルなパッケージの製作に貢献します。

RETAIN™ポリマー改質剤 は、リサイクルの難しいバリアフィルムのスクラップを、よりリサイクルしやすくするのに役立ちます。リサイクルされた新しいフィルムが実現し、場合によっては、元のフィルムより改善される場合もあります。s

持続可能なパッケージングに向けたイノベーション

持続可能なパッケージングにはさまざまな形があります。しかし一点共通しているのは、ダウ内外でのコラボレーションです。

PacXpert™パッケージング テクノロジーは、硬いパッケージングに代わるフレキシブルなパッケージングを実現するものです。この特許を取得したライセンステクノロジーには、持続可能性に関して多くの利点があり、食品であるか食品でないか、中身が固体であるか液体であるかを問わず、パッケージングにさまざまなオプションを提供します。さらにPacXpert™テクノロジーに、リサイクルレディテクノロジーを組み合わせて使用することも可能です。

Incubapackはダウのパックスタジオとさまざまなバリューチェーンのメンバーのリソースを集めて行っている取り組みで、ブランドのオーナーやパッケージ業者が、より持続可能なソリューションを開発できるようサポートするものです。持続可能性に注力しており、製品に使用する代替オプション(フレキシブルなパッケージング)を提案しています。

地上や海にプラスチックごみがない、循環型経済への歩みは他にもあるでしょうか?皆さまのご意見をお聞かせください。

クイックリンク

新しいリサイクルの可能性
スクラップフィルムの新たな使い方へのイノベーション&コラボレーション

Plastic waste is one of the most important sustainability issues of our time
 

パックスタジオ・イノベーションセンター
パックスタジオとコラボレーションしてイノベーションを加速