[{"values":[{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"JP","default":"ja-jp"},{"values":[{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"CN","default":"zh-cn"},{"values":[{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"US","default":"en-us"}]
true

プラスチック添加剤

プラスチックの性能をより良く

要求の厳しいプラスチック複合材で卓越した性能を

技術の進歩により、より少ない原料でより多くのことが達成できるようになり、プラスチックは伝統的な材料の代替として活躍しています。プラスチックは、輸送・運輸用途においては重金属を代替し、建築および建設分野においては木材の代替品となります。プラスチック複合材料は、費用対効果の高いソリューションを提供すると同時に、メンテナンスの必要性を大幅に減らし、耐久性と意匠性を高めることができます。一方で、性能要件がますます厳しくなるにつれ、優れた性能を達成することの難易度は高まります。この複雑さに加え、用途や製造プロセスの範囲が広がり、多用途に適した耐候性のある軽量のプラスチックコンパウンドを開発することは、はるかに困難になります。耐衝撃性改質剤、加工助剤、アクリル樹脂およびシリコーン樹脂、シランおよび液体添加剤からなるダウの幅広いソリューションポートフォリオは、小型機器での動作温度の上昇、リサイクル材料の効率と使用量の高増加など、市場の要求を満たす高性能化合物および複合材料の範囲の拡大を可能にします。

用途および利点
プラスチック添加剤は、ビニール、ブロー成形ボトル、フィルム、硬質容器、PVCプラスチック、サイディング、デッキ、レール、フォームパイプおよび異形材配合、窓枠、高効率潤滑剤、エポキシ成型コンパウンド(EMC)、フェノール、ウレタンなど、さまざまな用途に使用されています。

  • アクリル系加工助剤 - 樹脂化合物のための高効率、表面平滑性、迅速融合および高度に均質な溶融物および低密度、高膨張であり非常に微細なセル構造をもたらすPVC建築および建築製品用の改良された発泡プロセスのための溶融強度を提供
  • ハイブリッド添加剤(シリコーンおよびポリエチレン) - 製造効率の向上、加工温度とトルクの低減および木造充填システムにおける再生ポリエチレンのより高い使用率の実現
  • 耐衝撃性改質剤 - ビニールの衝撃効率の向上とPVC包装用途の高い透明度と高い耐衝撃性
  • 特殊添加剤 - エンジニアリング樹脂の射出成形の延性の向上、低温靭性および溶融粘度の低下
  • シリコーン熱可塑性添加剤 - フィルム、シート、チューブ、パイプ、玩具および消費者製品における低応力白化、柔軟性、耐UV性および優れたインクとペンキの接着性を提供
  • シリコーンおよびシラン熱硬化性添加剤 - 難燃性、改良された耐熱性、成形内部応力緩和、充填剤とベース樹脂間のより優れた適合性およびエレクトロニクスおよびエンジニアリング用途向けの最適化処理など新しい特性の追加

 

リソース

Wind hill

熱硬化性樹脂の性能向上

熱硬化性材料がより高い性能ニーズを満たすため、シリコーンベースの添加剤がどのように役立つかを学ぶ