[{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"BR","default":"pt-br"},{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"JP","default":"ja-jp"},{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"CN","default":"zh-cn"},{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"US","default":"en-us"}]
true

パラフィン阻害剤

油田のパラフィン制御

パイプライン技術者は、流量保証のニーズに対処するため、多用途の高性能パラフィン阻害剤を必要としています。原油において自然に発生するパラフィンは、石油およびガスの生産、輸送および補完中にパイプラインの壁に沈着すると、流動性の課題を起こすことがあります。パラフィン阻害剤は、ろう状物質がパイプラインに沈着するのを防ぐための化学的処理であり、ろう状の結晶の形状とサイズを改質し、パラフィンを石油へ追い払うことで安定した流れを確保します。

先を見据えた予防的用途から、ろう状物質の沈着が発生した場合に業務を最適なレベルへ復帰させる是正措置にいたるまで、ダウの革新的な化学物質および技術により、流れを向上させ、より多くの石油を採掘できます。ダウのソリューションは、有機および無機の流動保証の課題に取り組み、温度変化、天候条件、タンクおよびパイプラインの冷却速度に関わらず、パラフィンの沈着を効果的に抑えます。

ダウの認証済みのパラフィン阻害剤は、高活性の水性幅広い原油および用途に向けてカスタマイズされており、水系分散体であるACCENT™ワックス阻害剤を含め、複数の調合が用意されており、次の方法でろう状物質の沈着を適切に制御します。

  • 高濃度の活性物により低い投与速度を実現することで、従来の溶剤ベースの製品と比較して最大300%少ない用量
  • 生産量の増加と廃棄物の削減により売上増の可能性
  • 海底油井掘削機などの場所における課題に取り組むことにより、ロジスティクスおよび保管において節約を実現
  • 熱安定性と材料互換性を向上
  • 回収作業の頻度を削減
  • 凝集および流動点降下を制御することにより原油の流動粘度を向上
  • ポンプ能力を高め、希釈およびエネルギー費用を削減
  • 可燃性溶剤なしに作られた環境に優しい持続可能な水性化学物質により取り扱いが容易