[{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"BR","default":"pt-br"},{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"JP","default":"ja-jp"},{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"CN","default":"zh-cn"},{"values":[{"value":"Português-ポルトガル語","languageCode":"pt-br","link":"javascript:void(0);"},{"value":"日本語","languageCode":"ja-jp","link":"javascript:void(0);"},{"value":"中文-中国語(簡体字","languageCode":"zh-cn","link":"javascript:void(0);"},{"value":"English-英語","languageCode":"en-us","link":"javascript:void(0);"}],"label":"US","default":"en-us"}]
true

シリコーン放出コーティングの配送システム

シリコーン剥離コーティングのデリバリーシステム

違いをもたらします

SYL-OFF™シリコーン剥離コーティングには、幅広いデリバリーシステムの選択肢があります。

無溶剤

市場に出ているどのコーティング技術より、無溶剤コーティングは、どんな接着剤や基質に対しても剥離スピードに対する最高の剥離レベルを提供します。

以下に最適

  • フィルム
  • カレンダー仕上げされた紙
  • なめらかな表面を持つコーティング済みの紙
Laboratory beaker with clear liquid on a white background

長所

  • 環境、健康、安全性および規制上への懸念が少ない
  • 高価な溶液回収装置が不要
  • 排除しなければならないキャリアを含まないため、ライン速度が向上
  • フィルムに損害を与える可能性が少ない

短所

  • 経済的な剥離ライナーを作るための低被膜重量を達成するには精密コーティング機器が必要
  • 溶剤ベースと同レベルの定着を実現するためには、コロナ処理または添加物が必要になる可能性がある。
  • 多孔質用紙の漬け込みの可能性

溶剤ベース

フィルムや滑らかで表面が硬い紙に対して長い成功の歴史を持つ溶剤ベースのコーティングは、溶剤の抵抗値が高く、幅広い用途があります。

以下に対して最適です

  • フィルム
  • 滑らかで表面が硬い紙
Solvent-Based

長所

  • 経済的
  • 非常に軽い被膜重量で優れた適用範囲
  • 従来のコーティング機器を使用(Meyerロッド、ダイレクトグラビアなど)
  • フィルム表面の軽微な「膨れ」を通して固定を改善

短所

  • フィルムまたは紙のコーティング損傷の可能性
  • 多孔性の紙に対する水滲みの可能性
  • 無溶媒系と比べて環境、健康、安全性および規制についての懸念が大きい

クイックリンク

シリコーン性能の可能性を発表
ダウのSYL-OFF™シリコーン剥離コーティングの幅広い領域を探します。

高性能硬化系
あらゆる用途に対応させるため、シリコーン剥離コーティング製品の硬化化学物質に関する詳細な情報を見る。

詳しく知る

基質適合性
基質に関する詳細な情報を見る